事故車の中古市場における買取事情について

今や新車で車を購入する人も多くいますが、

それ以上に中古車市場が目覚ましく成長しています。

以前はメーカーのディーラーでの買取が多くを占めていましたが、

今は中古車専門店がたくさんできて、いい意味で競争し合っています。

基本的に中古車は購入して日が浅い車、純正品やオプションが多くついている車、

綺麗に掃除している車等が高値で買取してもらいやすいです。

そんな中で事故車についての買取はどうかというと、やはり買取価格も低めに

ならざるを得ません。中古車を購入希望の人は車の年式やオプションなどにもこだわりますが、

事故車であるとまず敬遠しがちです。ただ単に縁起が悪いというだけで、

新たに購入する人の運転の腕が良ければ問題ないような気がします。

しかし日本人は意外にこういった縁起を意識する人が多くいます。

そのため中古車購入にあたっても、事故車は売れ残り、

どうしても価格を下げざるを得ない状態になります。

そのため中古車の買取においても、最初から値段が安くならざるを得ません。

ちなみに、ここで言う事故車の定義ですが、

これは単純に事故を起こした車の事を指すわけではありません。

車の骨格に問題があったり、骨格に対して修理歴がある車の事を事故車と言います。

そのため多少車をこすって修理したくらいでは事故車扱いになりません。

車の骨格に対しての欠陥や修理歴とありますが、これはよほどの衝撃、

つまり事故を起こしたくらいの衝撃でないと欠陥は起こりません。

そのため一般的には事故車のイメージが事故を起こした、または巻き添えになった車、

と思われがちです。どうしても事故車は買取価格が低めになりますが、

最近は事故車専門の買取業者が複数出てきています。

ネットで検索すると、事故車の一括査定もできます。しかも事故車といっても

本当に事故を起こした直後の破損した状態の車でもある程度の金額で

買取してくれるのだから、驚きです。もし事故車の買取を希望する人がいれば、

ネットで検索してみる事をオススメします。